MENU

インディゴ&ヘナ!共通する特徴や使用するときの注意点!

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

きしです。

前回の記事ではヘナの特徴についてお話しました。白髪染めメインに使用することが多いカラー剤ですが、天然由来ということがメリットとなる反面、デメリットなど注意点もあります。

これからヘナカラーなどの特殊なカラーをする人に向けて、こういった内容を分かりやすくお伝えします。

この記事の内容

インディゴ(ヘナ)の特徴&注意点の解説

一般の人からすると、ヘアカラーの違いなんてものは全然わかりません。上記のような質問は決して少なくはありません。

ヘアカラー=「髪を染める」という認識がほとんどのはずです。しかし、実はさまざま種類があり、全てを簡約してヘアカラーと思い、適当に染めてしまうと思わぬ落とし穴に出くわしてしまうかもしれません

先日のお客様であったのですが、インディゴ・ヘナカラーでの失敗例も一緒にご紹介します。

POINT
  • インディゴ(ヘナ)カラーの特徴
  • それぞれの注意点
  • 失敗例のご紹介
目次
スクロールできます

運営者 / 美容師

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら。主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

 

インディゴ・ヘナとは?

インディゴ・ヘナとは?
きし

まずはインディゴ・ヘナカラーの特徴についてお話します。

廣瀬

インディゴやヘナカラーの特徴を理解することでなぜ注意しなければいけないのかが分かりやすくなります。

この2つについて分かりやすくお話します。

インディゴ・ヘナについて

インディゴ・ヘナについて

インディゴとヘナは、天然自然成分の葉から作られるヘアカラーです。

インディゴは南インドなどで、毛髪用インディゴが栽培され、ヘナはミソハギ科の植物、熱帯地域(インド・アジア・アフリカ)の標高の高い水はけのよい土地で育ちます。

インディゴと言えば「藍色」というイメージですが、ヘナの葉には、ローソニアという赤色(オレンジ色)の色素が含まれ、髪や爪と言ったたんぱく質でできた部位に着色することができるのです。

しかし、天然成分であるがために黒髪のメラニン色素を分解するパワーはなく、髪を明るくすることができないために、主に白髪染めに使うことをメインとされています。

ヘナ・インディゴまとめ
  1. インディゴ・ヘナは天然自然成分の葉から作られる
  2. どちらも白髪染め用で髪を明るくすることはできない
  3. ヘアは暖色系
  4. インディゴは寒色系
目次に戻る

「インディゴ」「ヘナ」には要注意になる理由

「インディゴ」「ヘナ」には要注意になる理由
きし

インディゴやヘナは要注意になるには理由があります。

廣瀬

とくにセルフカラーなどをする時に注意してほしいです!

とくにセルフカラーでの注意ポイントです。

インディゴ・ヘナの注意点
  1. 明るくすることができない
  2. 色を変えることができない
  3. 髪色を変えたい人にはおすすめしない商材

それぞれを話します。

注意点①「明るくすることができない」

注意点①「明るくすることができない」

どちらにも共通していることですが、天然のパワーが強くて染めた部分の髪を明るくすることができません。

しかも解決方法がありません。

注意点②「色を変えることができない」

注意点②「色を変えることができない」

こちらも同じく解決方法がありません。

染まっている部分の色に合わせるしかないのです。

つまり、明るさを暗くしたり明るくしたりしたい人や、カラーチェンジさせたい人にはおすすめできないのが、ヘナやインディゴカラーなのです。

目次に戻る

実際のインディゴ・ヘナの失敗例をご紹介

実際のインディゴ・ヘナの失敗例をご紹介
きし

実際にお客様で、セルフカラーをインディゴカラーでした人がいましたので、ご紹介させていただきます。

廣瀬

きちんと許可を得て撮影もさせてもらいました。

髪の履歴
  1. 3ヶ月前にセルフカラー
  2. インディゴを使用
  3. 今回は少し明るくしたい

今回のオーダーでは、少し明るくしたい程度だったので、普通のヘアカラー剤を処方。何も気づかずに染めてみたら、以前セルフカラーしていた所の髪に全く色が入らない…。

それがインディゴやヘナカラー。

あまりに入らないので、仕方なく最終手段でもあるブリーチカラー。

ブリーチカラーたっぷりと塗布します。しかし‥‥

新しく生えてきている健康な髪は無事に明るくすることができますが、以前セルフカラーで染めたところが染まりませんでした。

ここでようやくインディゴカラーを使用したことに気づきました。

インディゴカラー失敗例「オーロラ状態」

インディゴカラー失敗例「オーロラ状態」

こちらは、事前状態を確認し、前もってこうなる事を予想し、しっかりとカウンセリングを行なっています。

きし

一応、想定内です。もちろん残念ではありますが、ブリーチを二回しました、取れるかも‥‥なんて期待したのですが。

しかし、このオーロラ状態が取れる気配は全くありません。

これが注意したほうが良い、一番の理由なのです。対処法は一切ありません。

カットをして無くなるまで取れない

カットをして無くなるまで取れない

インディゴの色に合わせて、カラーをしなくてはいけなくなるのでぜひ注意しましょう。

カラーする時の剤の種類には十分に気をつけましょう。後悔します‼︎

「インディゴ」「ヘナ」と表記の剤には要注意!!

「インディゴ」「ヘナ」と表記の剤には要注意!!

決してカラーとしていけないわけではないです。用途、目的にあった使い方をしていくことが重要になります。

きし

さて、このオーロラ状態のまま終わらせることはできないので、元々あるインディゴカラーに合わせてヘアカラーをしていきます。

仕上がりはこちら(.*?)moveline(.*?)(.*?)当記事では、(.*?)move(.*?)(.*?)(.*?)/move(.*?)を分かりやすくお話します。(.*?)/moveline(.*?)

先ほどのオーロラが完璧に消えました!

インディゴを活用したメンズにピッタリな濃いグレーマット

インディゴを活用したメンズにピッタリな濃いグレーマット

深みがすごいです。カラーで綺麗になりました。

かなり濃いめに染める以外には、選択肢はありません。

色の選択肢が極端にせまくなります。

目次に戻る

まとめ

まとめ
きし

いかがでしたか?インディゴやヘナカラーを自分で染める前には注意してくださいね。

廣瀬

とくにロングな女性は要注意です、解決する術がないので、髪の変化を楽しむことができなくなりますからね。

インディゴ・ヘナまとめ
  1. インディゴ・ヘナという表記の剤には注意‼︎
  2. よくわからい市販のアッシュには注意‼︎
  3. セルフカラーする時は使い慣れたものを‼︎

ヘアカラーってかなりたくさんの種類があります。

自分の目的やこれからのライフワークに合わせたヘアカラー剤を使用するようにしましょう。

さまざまな色を楽しむ人は、普通のヘアカラー剤がおすすめです!

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

b.risビーリス シャンプー

オーガニック・炭酸・オールインワンと全てが詰め込まれた最強シャンプー

高濃度5000ppm以上の炭酸でしっかり汚れをとり、合成界面活性剤は使用していないので髪や頭皮の負担を軽減。スキンケア成分配合でヘアケアだけでなくエイジングケアもこなすシャンプー

この記事を書いた人

kishilogの運営者。美容業界にて15年以上従事、累計500件以上の美容アイテムを使用。髪に関することが得意。、シャンプーや、トリートメントワックスヘアマスクなどのレビューもしています。詳しくは運営者情報をご覧ください。

目次