MENU

パーマをかけたら朝(スタイリング)は楽になるのか?ならないのか?についてを答える

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

パーマをかけたら朝楽ですか?毎日朝コテで髪を巻くのが面倒でパーマかけようかどうか迷っています。

こういった疑問にお答えしていきます。

パーマをかける理由の一つに朝の時間が楽になるというメリットがあります。

とくに、ブローやコテアイロンなどでスタイリングされている方ならば、カットだけで出せない動きや形が簡単につくることができます。

その一方でデメリットもあることも一緒にまとめてみました。

今回の記事では、美容師が教えるパーマをかけたら朝のスタイリング時間が楽になるのかどうか分かりやすくお話していきます。

  • パーマをかけると朝の時間が楽になるのか?
  • こういう方(ヘアスタイル)にはやめた方がいい
  • デメリットについて
この記事の内容

パーマをかけると朝のスタイリング時間が楽になるのかを解説

目次
スクロールできます

運営者 / 美容師

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら。主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

 

パーマをかけると「スタイリング時間」が楽になるのか

パーマをかけると「スタイリング時間」が楽になるのか
きし

パーマをかけるとスタイリングは楽になるのか?についてお話していきます。

廣瀬

個人的には、「楽にはなるが髪質(ヘアスタイル)による。」が一番正しい解答だと考えています。

パーマをすることによってスタイリングはグッと楽になると考えます。

パーマに関しての基本的知識は別記事にまとめているので、よかったら参考にしてください。

しかし、それは当然ながら髪質やヘアスタイルによります。これはデメリットとして後述します。

まずは先にスタイリングがグッと楽になるポイントについてお伝えしていきます。

  • カットだけでは出せない動きや形をつくることができる
  • ブローがだけでもフォルム(形)をつくりやすくなる
  • ヘアアイロンを使う方はグッと楽になる

順番にお話していきます。

カットだけでは出せない動きや形をつくることができる

カットだけでは出せない動きや形をつくることができる
きし

これはパーマの一番の魅力ともなりますが、パーマはカットだけでは出せない動きや形をつくることができます。

パーマをかけることで、くせ毛のような先天性のような動きとは違い、出したい髪の場所にパーマを人為的にかけることで動きをつくることができるのが一番の利点になります。

本来の髪は直毛です(多少のうねりやくせは置いといて)。

実は直毛の髪がスタイリングの中では邪魔なポイントになります。

パーマをかけることで「キレイな丸み」や「トップのボリューム」をつくることができます。

POINT
  • 巻髪スタイルのサポート・土台になる
  • 直毛がイヤという方にはおすすめ
目次に戻る

パーマをかけるデメリット

パーマをかけるデメリット

さて、次はパーマのデメリットについてもお話していきます。上記のことだけでは良いメニューのような感じになりますが、実は「人」によって変わります。

冒頭でもお話しましたが、

パーマは「人(髪質・ヘアスタイル)」によって、した方がいいかしない方がいいかというのが見極めやすくなります。

  • 普段からブローや乾かしたりしない
  • コテアイロンを一切使わない
  • どの美容師にも「パーマをかけない方がいい」と言われるほどのくせ毛

こういったことに当てはまる方はパーマをしないことをおすすめします。

あくまでパーマはスタイリングのサポート・土台をするためのメニューだという考えを持つべきです。

パーマをかけるとスタイリングを一切しなくてもキレイなヘアスタイルになる!![

ブローが面倒くさくて、乾かすのも面倒だからパーマかけたらいいんでしょ?みたいな考えで、パーマをするのはNGということです。

パーマをかけることのデメリット

パーマをかけることのデメリット

パーマをかけることにもデメリットが存在します。

そんなパーマにもデメリットがあり、「パーマをかけるとお手入れが増えてるから面倒になる」という感じることもあります。

やはりそれが上記でお話したパーマをおすすめしない項目です。

「ブローがしやすい・しやすくなる」というようなメリットがあれば、「ブローをしなければいけない」というデメリットにもなります。

つまり、ブローを普段からする方にはメリットにはなりますが、ブローを普段から全くしない方にはデメリットにしかならないということになります。

それは「パーマをするとお手入れが増える」というような誤解が生まれる原因となります。

何が言いたいかというと、パーマの一番のデメリットは

”何も考えずに脳死状態でパーマをすると大体失敗するということ”

にあります。

一概にこれに全てが当てはまるわけではありません。

もちろんパーマだけで完結(スタイリングをしないソバージュパーマなど)するものもありますが、最近はとくに需要も少なくなってきていますので参考までに。

目次に戻る

あとがき

あとがき
きし

パーマをするとスタイリングが楽になるのか?についてをまとめてみましたが、個人的には楽にはなるが人によるというのが答えになります。

付け加えて言うなら、くせ毛の方は要注意で美容師ともしっかり相談することをおすすめします。

  • パーマはスタイリングを楽にする
  • スタイリングを普段しない方にはデメリットになる
  • パーマをする前には両方を照らし合わせて考えるべき

というような感じでしょうか。

むやみやたらにパーマをするというのは反対ですが、普段ブローやスタイリングをしていて思い通りにならないというような悩みの方には、全力でおすすめするメニューです。

もう一度お話しますが、「パーマをすればブローやスタイリングがいらなくなるんでしょ?」や「パーマはお手入れが増えて大変でしょ?」と考える方はパーマはおすすめしません。

あくまでパーマはスタイリングのサポートや、土台となるとても大切なメニューだということです。

POINT
  • ブローの時間も格段と少なくなる
  • 簡単にスタイリングができる
  • 全体的なフォルム(形)をつくることができる

ヘアアイロンを使う方はグッと楽になる

ヘアアイロンを使う方はグッと楽になる

コテやストレートのヘアアイロンを使う方もブロー同様に格段に効率が良くなります。

ストレートヘアでは出かけられないというような方でスタイリングに時間をかけている方の場合はかなり楽になります。

とくに、コテでウェーブをつくりたいというような方で「毎日髪を巻いている」のであれば、格段にスタイリングが楽になります。

もちろんスタイルにもよりますが、ある程度パーマで巻髪スタイルにしておけば、その上から軽く巻くだけでもしっかりとした巻髪スタイルにもなりますし、

もちろん軽くムースを揉み込むだけでも、それなりのスタイルにもなるはずです。

つまり、パーマはヘアアイロンを使う方の”サポート・土台”にもなるメニューです。

POINT
  • 巻髪スタイルのサポート・土台になる
  • 直毛がイヤという方にはおすすめ
パーマをかけるデメリット
パーマをかけるデメリット

さて、次はパーマのデメリットについてもお話していきます。上記のことだけでは良いメニューのような感じになりますが、実は「人」によって変わります。

冒頭でもお話しましたが、

パーマは「人(髪質・ヘアスタイル)」によって、した方がいいかしない方がいいかというのが見極めやすくなります。

  • 普段からブローや乾かしたりしない
  • コテアイロンを一切使わない
  • どの美容師にも「パーマをかけない方がいい」と言われるほどのくせ毛

こういったことに当てはまる方はパーマをしないことをおすすめします。

あくまでパーマはスタイリングのサポート・土台をするためのメニューだという考えを持つべきです。

パーマをかけるとスタイリングを一切しなくてもキレイなヘアスタイルになる!![

ブローが面倒くさくて、乾かすのも面倒だからパーマかけたらいいんでしょ?みたいな考えで、パーマをするのはNGということです。

パーマをかけることのデメリット

パーマをかけることのデメリット

パーマをかけることにもデメリットが存在します。

そんなパーマにもデメリットがあり、「パーマをかけるとお手入れが増えてるから面倒になる」という感じることもあります。

やはりそれが上記でお話したパーマをおすすめしない項目です。

「ブローがしやすい・しやすくなる」というようなメリットがあれば、「ブローをしなければいけない」というデメリットにもなります。

つまり、ブローを普段からする方にはメリットにはなりますが、ブローを普段から全くしない方にはデメリットにしかならないということになります。

それは「パーマをするとお手入れが増える」というような誤解が生まれる原因となります。

何が言いたいかというと、パーマの一番のデメリットは

”何も考えずに脳死状態でパーマをすると大体失敗するということ”

にあります。

一概にこれに全てが当てはまるわけではありません。

もちろんパーマだけで完結(スタイリングをしないソバージュパーマなど)するものもありますが、最近はとくに需要も少なくなってきていますので参考までに。

あとがき
あとがき

パーマをするとスタイリングが楽になるのか?についてをまとめてみましたが、個人的には楽にはなるが人によるというのが答えになります。

付け加えて言うなら、くせ毛の方は要注意で美容師ともしっかり相談することをおすすめします。

  • パーマはスタイリングを楽にする
  • スタイリングを普段しない方にはデメリットになる
  • パーマをする前には両方を照らし合わせて考えるべき

というような感じでしょうか。

むやみやたらにパーマをするというのは反対ですが、普段ブローやスタイリングをしていて思い通りにならないというような悩みの方には、全力でおすすめするメニューです。

もう一度お話しますが、「パーマをすればブローやスタイリングがいらなくなるんでしょ?」や「パーマはお手入れが増えて大変でしょ?」と考える方はパーマはおすすめしません。

あくまでパーマはスタイリングのサポートや、土台となるとても大切なメニューだということです。

POINT
  • カットだけでイメージ通りにならない方にはおすすめ
  • キレイな丸みをヘアスタイルに付与することができる
  • トップにボリュームがほしい方も

ブローだけでもフォルム(形)をつくりやすくなる

ブローだけでもフォルム(形)をつくりやすくなる

パーマをかけると、ブローが一段としやすくなります。

上にあるように、カットだけで出せない動きををつくることができるということは、スタイリングの土台となるブローも格段としやすくなります。

とくに、スタイリングする上での効率を上げてくれるので、ブローを毎日する方であればブローをする時間も格段に少なくしてくれます。

例えば、「ここもう少しボリューム出したいなぁ…」とか「この毛先もうちょっと内に入れたいのになぁ…」と、

いうような悩みをブローだけでつくろうと思うと、時間がとてもかかってしまいますが、パーマをかけておくと一気に楽になるはずです。

POINT
  • ブローの時間も格段と少なくなる
  • 簡単にスタイリングができる
  • 全体的なフォルム(形)をつくることができる

ヘアアイロンを使う方はグッと楽になる

ヘアアイロンを使う方はグッと楽になる

コテやストレートのヘアアイロンを使う方もブロー同様に格段に効率が良くなります。

ストレートヘアでは出かけられないというような方でスタイリングに時間をかけている方の場合はかなり楽になります。

とくに、コテでウェーブをつくりたいというような方で「毎日髪を巻いている」のであれば、格段にスタイリングが楽になります。

もちろんスタイルにもよりますが、ある程度パーマで巻髪スタイルにしておけば、その上から軽く巻くだけでもしっかりとした巻髪スタイルにもなりますし、

もちろん軽くムースを揉み込むだけでも、それなりのスタイルにもなるはずです。

つまり、パーマはヘアアイロンを使う方の”サポート・土台”にもなるメニューです。

POINT
  • 巻髪スタイルのサポート・土台になる
  • 直毛がイヤという方にはおすすめ
パーマをかけるデメリット
パーマをかけるデメリット

さて、次はパーマのデメリットについてもお話していきます。上記のことだけでは良いメニューのような感じになりますが、実は「人」によって変わります。

冒頭でもお話しましたが、

パーマは「人(髪質・ヘアスタイル)」によって、した方がいいかしない方がいいかというのが見極めやすくなります。

  • 普段からブローや乾かしたりしない
  • コテアイロンを一切使わない
  • どの美容師にも「パーマをかけない方がいい」と言われるほどのくせ毛

こういったことに当てはまる方はパーマをしないことをおすすめします。

あくまでパーマはスタイリングのサポート・土台をするためのメニューだという考えを持つべきです。

パーマをかけるとスタイリングを一切しなくてもキレイなヘアスタイルになる!![

ブローが面倒くさくて、乾かすのも面倒だからパーマかけたらいいんでしょ?みたいな考えで、パーマをするのはNGということです。

パーマをかけることのデメリット

パーマをかけることのデメリット

パーマをかけることにもデメリットが存在します。

そんなパーマにもデメリットがあり、「パーマをかけるとお手入れが増えてるから面倒になる」という感じることもあります。

やはりそれが上記でお話したパーマをおすすめしない項目です。

「ブローがしやすい・しやすくなる」というようなメリットがあれば、「ブローをしなければいけない」というデメリットにもなります。

つまり、ブローを普段からする方にはメリットにはなりますが、ブローを普段から全くしない方にはデメリットにしかならないということになります。

それは「パーマをするとお手入れが増える」というような誤解が生まれる原因となります。

何が言いたいかというと、パーマの一番のデメリットは

”何も考えずに脳死状態でパーマをすると大体失敗するということ”

にあります。

一概にこれに全てが当てはまるわけではありません。

もちろんパーマだけで完結(スタイリングをしないソバージュパーマなど)するものもありますが、最近はとくに需要も少なくなってきていますので参考までに。

あとがき
あとがき

パーマをするとスタイリングが楽になるのか?についてをまとめてみましたが、個人的には楽にはなるが人によるというのが答えになります。

付け加えて言うなら、くせ毛の方は要注意で美容師ともしっかり相談することをおすすめします。

  • パーマはスタイリングを楽にする
  • スタイリングを普段しない方にはデメリットになる
  • パーマをする前には両方を照らし合わせて考えるべき

というような感じでしょうか。

むやみやたらにパーマをするというのは反対ですが、普段ブローやスタイリングをしていて思い通りにならないというような悩みの方には、全力でおすすめするメニューです。

もう一度お話しますが、「パーマをすればブローやスタイリングがいらなくなるんでしょ?」や「パーマはお手入れが増えて大変でしょ?」と考える方はパーマはおすすめしません。

あくまでパーマはスタイリングのサポートや、土台となるとても大切なメニューだということです。

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

b.risビーリス シャンプー

オーガニック・炭酸・オールインワンと全てが詰め込まれた最強シャンプー

高濃度5000ppm以上の炭酸でしっかり汚れをとり、合成界面活性剤は使用していないので髪や頭皮の負担を軽減。スキンケア成分配合でヘアケアだけでなくエイジングケアもこなすシャンプー

この記事を書いた人

kishilogの運営者。美容業界にて15年以上従事、累計500件以上の美容アイテムを使用。髪に関することが得意。、シャンプーや、トリートメントワックスヘアマスクなどのレビューもしています。詳しくは運営者情報をご覧ください。

目次