MENU

美容師が教える「縮毛矯正」の基本とメリット&デメリット

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

くせ毛をキレイなストレートヘアにしてみたい…、縮毛矯正がいいって聞いたんだけどどんなものなの?

こういった疑問にお答えしていきます。

「くせ毛がコンプレックスで、キレイなサラサラのストレートヘアにしたい…」そんな願望を叶えるのが、縮毛矯正というメニューです。

そこで、初めて縮毛矯正をする方のために、原理原則どんなメリットやデメリットがあるのかをまとめました。

今回の記事では、初めての方でも分かる美容師が教える縮毛矯正の基本についてお伝えしていきます。

目次
スクロールできます

運営者 / 美容師

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら。主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

 

縮毛矯正(しゅくもうきょうせい)とは?

縮毛矯正(しゅくもうきょうせい)とは?
きし

縮毛矯正(しゅくもうきょうせい)の原理について分かりやすくお話します。くせ毛のある方には必須なメニューの一つです。

縮毛矯正とは名前の通り、縮毛というくせ毛を矯正(ストレートにする)するというメニューの1つです。

縮毛というのはくせ毛の中でもとくに強力なくせ毛のことです。

縮毛矯正の特徴

縮毛矯正の特徴

縮毛矯正の特徴と言えば、やはりアイロンを使って真っ直ぐにストレートにすることです。

最も重要になるのは、ヘアアイロンを使用して髪をストレートヘアに仕上げていく熱処理です。

縮毛矯正のメリット
  • くせ毛がストレートヘアになる
  • スタイリングの時間が格段に楽になる
  • 髪が伸びてくれる

メリットはほとんど、そのままの通りです。

くせ毛がキレイになったり、一度シャンプーしてもくせ毛がでなかったり、メリットはたくさんあります。

しかし、メリットはみんな理解はしているものなので、本当に知ってほしいのはデメリットの方です。

縮毛矯正のデメリット

縮毛矯正のデメリット

一見すると、メリットの方が大きいように感じますが、同じようにデメリットもあります。

縮毛矯正のデメリット

  • 髪が傷む(一番重要)
  • 矯正のかけ方を間違えるととんでもないことになる
  • パーマができなくなる(かかりづらくなる)
  • ヘアカラーもしづらくなる
  • ヘアスタイルを変えづらくなる

とくに重要になることをお話します。

髪が傷む(一番重要)

髪が傷む(一番重要)
きし

まずは、髪がとんでもなく傷みます。これがかなり重要です。

なぜ重要かというと、ストレートヘアにしくれる分、ダメージが分かりづらいからです。

実は、人ってかなり曖昧な認識で生きているものでして、ダメージヘアが目に見えて分かったり、触って分かるものだとしたら大切に扱うものですが、

傷んでいるのにもかかわらず、キレイに見えたりすると、「あ、全然キレイ」とか「傷むとか聞いていたけどまだまだいけるじゃん」というように軽く見てしまうことが多々あります。

でもね、髪には良くない薬剤つけた上に、0.5〜1㎝ほどの幅で髪を180度ぐらいの高熱で押しつぶすものですからね。傷んでいないわけないんです。

つまり、矯正とはキレイに見せているだけで、髪の中は相当ボロボロになっているので、矯正毛ではとくに繊細に丁寧に扱う必要があるのです。

矯正のかけ方を間違えるととんでもないことになる

矯正のかけ方を間違えるととんでもないことになる
きし

矯正も万能ではありません、1〜2度くらいなら、全然問題なくキレイになるものですが、無茶しすぎるととんでもないことになります。

1〜2度程度の縮毛矯正なら全く問題はありません、しかしそれ以上のものになると、一度でもダメージが大きいものが重なるのでハイダメージ毛となってしまいます。

例えば、キレイに見える分、中の状態はとても分かりづらくなるため、美容師も判断を見過うこともあります。

強力なくせ毛だからといって、強力な薬剤を使うと、とんでもない失敗をすることもあります。

こればかりは、美容師との意思疎通をしっかりして、できるだけ判断を間違えないようにすることをおすすめします。

パーマがでかかりづらくなる・ヘアカラーがしづらくなる

パーマがでかかりづらくなる・ヘアカラーがしづらくなる
きし

縮毛矯正を一度すると、パーマやヘアカラーがしづらくなります。

縮毛矯正とパーマは相性が悪いのは当然ながら、ストレートとパーマが全くの正反対のスタイルをつくるからに他なりません。

とくに熱処理(アイロン操作)をしてまでもキレイにしたストレートをまたパーマヘアにするのは決して簡単ではありあせん。

加えて、ヘアカラーをするための、脱色、脱染がしづらくなります。

もっと簡単に言うと、明るくなりづらい、染まりづらくなるもデメリットとなります。

ヘアスタイルを変えづらくなる

ヘアスタイルを変えづらくなる
きし

加えて、ヘアスタイルを変えづらくなるというデメリットもあります。

ストレートヘアにできるというのはくせ毛の方にとっては便利ですが、逆に一度ストレートヘアにすると他のヘアスタイルに変えづらくなります。

まぁパーマやカラーもしづらくなるというのは、少しつらいことがありますよね。

目次に戻る

あとがき

あとがき
きし

縮毛矯正の基本についてのことをまとめてみました。初めて縮毛矯正をするという方は参考にしてもらえると嬉しいです。

まとめ
  1. くせ毛をキレイなストレートヘアにすることができる
  2. 他メニューよりも、時間がかかったり高額であることがある
  3. メリットだけでなくデメリットもある

縮毛矯正は、どんな強力なくせ毛であってもストレートヘアにすることができる人気のメニューです。

しかし逆に、とても便利な上にメリットもある分、反対にデメリットも大きいものになっています。

何が言いたいかというと、安易に縮毛矯正をすると失敗することになるから、する時にはデメリットなど考えた上で縮毛矯正をしてほしいということです。

縮毛矯正の特徴
  • 料金相場は10,000〜15,000円くらい
  • 施術時間は3〜4時間程度
  • くせ毛の度合いによってはかかり具合は違う

縮毛矯正のヘアケアポイント

縮毛矯正のヘアケアポイント
きし

縮毛矯正のヘアケアポイントについてもお伝えしていきます。

48時間はシャンプーをしない

ストレートパーマや縮毛矯正をした後、48時間以内はシャンプーを控えるようにしましょう。

施術後、美容室を出るときにはキレイなストレートヘアに固定されているように見えますが、実はまだ髪に剤(ストレートパーマ・矯正)が定着していません。

薬剤により髪の内部成分が構築されているものを再構築していますが、再構築するまでの時間が約48時間程度かかると言われています。

そのため、48時間以内にシャンプーをしてしまうと、髪にダメージを与える原因になり、くせ毛の原因である髪の凹凸のある状態にしてしまうのです。

しかし美容室によっては、48時間以内にシャンプーして良いと言われることも、48時間以上シャンプーしないでくださいと言われることもあります、それはストレートスタイルの持ちに関わることなので、極力控えるようにしましょう。

ドラッグストアの市販品・美容室のサロン専売品などさまざまなシャンプーの中から、縮毛矯正をした髪におすすめのシャンプーランキングを美容師が厳選。下記事もチェック!

濡れた髪は早めに乾かす

ストレートパーマや縮毛矯正をした髪は、お風呂などで濡れたら、できるだけ早く乾かすようにしましょう。

濡れた髪というのは、髪の表面にあるキューティクルという髪の皮のようなものが開いています。そのキューティクルの隙間から髪の水分がどんどん蒸発してしまいます、

またキューティクルが開いている状態で髪同士に摩擦が起きると、キューティクルが剥がれてしまう可能性もあります。

ストレートパーマや縮毛矯正によって傷んでいる髪に、これらの負担を与えてしまうと、せっかくのストレートヘアが、パサついたりツヤを感じられなくなったりするかもしれません。

そのため、濡れた髪はできるだけ早く乾かすように意識しましょう。

過度なブラッシングしすぎない

ストレートパーマや縮毛矯正をした後は、必要以上にブラッシングをしないようにしましょう。

施術によって傷んでいる髪には、ブラッシングによる摩擦が負担となってしまいます。

朝のスタイリングや、シャンプーの前に髪の絡まりを解くときなど、必要な時以外は手ぐしや、大きめなクシで整える程度にして、ブラッシングをしすぎないように心がけましょう。

ブラッシングを全くしないのも逆に絡まりの原因になります。適度にはブラッシングはするようにしましょう

目次に戻る

メリットとデメリット

メリットとデメリット
きし

縮毛矯正をするに当たり、当然ながらメリットもあればデメリットもあります。

廣瀬

メリットだけでなく、ある程度デメリットも理解しておかないと後で痛い目に合うことになります。

一番最初にくせ毛の方が縮毛矯正をする時は、大体の方が感動します。

それは今まで苦労してきたくせ毛がたった数時間でキレイになってくれるからです。しかし、それも慣れてしまうと、それが当たり前の感覚にもなってきます。

しかし、髪とはそんな簡単にストレートになるものではありません。

ここでは、メリットとデメリットについてお伝えしていきます。

縮毛矯正のメリット

縮毛矯正のメリット
縮毛矯正のメリット
  • くせ毛がストレートヘアになる
  • スタイリングの時間が格段に楽になる
  • 髪が伸びてくれる

メリットはほとんど、そのままの通りです。

くせ毛がキレイになったり、一度シャンプーしてもくせ毛がでなかったり、メリットはたくさんあります。

しかし、メリットはみんな理解はしているものなので、本当に知ってほしいのはデメリットの方です。

縮毛矯正のデメリット

縮毛矯正のデメリット

一見すると、メリットの方が大きいように感じますが、同じようにデメリットもあります。

縮毛矯正のデメリット

  • 髪が傷む(一番重要)
  • 矯正のかけ方を間違えるととんでもないことになる
  • パーマができなくなる(かかりづらくなる)
  • ヘアカラーもしづらくなる
  • ヘアスタイルを変えづらくなる

とくに重要になることをお話します。

髪が傷む(一番重要)

髪が傷む(一番重要)

まずは、髪がとんでもなく傷みます。これがかなり重要です。

なぜ重要かというと、ストレートヘアにしくれる分、ダメージが分かりづらいからです。

実は、人ってかなり曖昧な認識で生きているものでして、ダメージヘアが目に見えて分かったり、触って分かるものだとしたら大切に扱うものですが、

傷んでいるのにもかかわらず、キレイに見えたりすると、「あ、全然キレイ」とか「傷むとか聞いていたけどまだまだいけるじゃん」というように軽く見てしまうことが多々あります。

でもね、髪には良くない薬剤つけた上に、0.5〜1㎝ほどの幅で髪を180度ぐらいの高熱で押しつぶすものですからね。傷んでいないわけないんです。

つまり、矯正とはキレイに見せているだけで、髪の中は相当ボロボロになっているので、矯正毛ではとくに繊細に丁寧に扱う必要があるのです。

矯正のかけ方を間違えるととんでもないことになる

矯正のかけ方を間違えるととんでもないことになる

矯正も万能ではありません、1〜2度くらいなら、全然問題なくキレイになるものですが、無茶しすぎるととんでもないことになります。

1〜2度程度の縮毛矯正なら全く問題はありません、しかしそれ以上のものになると、一度でもダメージが大きいものが重なるのでハイダメージ毛となってしまいます。

例えば、キレイに見える分、中の状態はとても分かりづらくなるため、美容師も判断を見過うこともあります。

強力なくせ毛だからといって、強力な薬剤を使うと、とんでもない失敗をすることもあります。

こればかりは、美容師との意思疎通をしっかりして、できるだけ判断を間違えないようにすることをおすすめします。

パーマがでかかりづらくなる・ヘアカラーがしづらくなる

パーマがでかかりづらくなる・ヘアカラーがしづらくなる

縮毛矯正を一度すると、パーマやヘアカラーがしづらくなります。

縮毛矯正とパーマは相性が悪いのは当然ながら、ストレートとパーマが全くの正反対のスタイルをつくるからに他なりません。

とくに熱処理(アイロン操作)をしてまでもキレイにしたストレートをまたパーマヘアにするのは決して簡単ではありあせん。

加えて、ヘアカラーをするための、脱色、脱染がしづらくなります。

もっと簡単に言うと、明るくなりづらい、染まりづらくなるもデメリットとなります。

ヘアスタイルを変えづらくなる

ヘアスタイルを変えづらくなる

加えて、ヘアスタイルを変えづらくなるというデメリットもあります。

ストレートヘアにできるというのはくせ毛の方にとっては便利ですが、逆に一度ストレートヘアにすると他のヘアスタイルに変えづらくなります。

まぁパーマやカラーもしづらくなるというのは、少しつらいことがありますよね。

あとがき
あとがき

縮毛矯正の基本についてのことをまとめてみました。初めて縮毛矯正をするという方は参考にしてもらえると嬉しいです。

まとめ
  1. くせ毛をキレイなストレートヘアにすることができる
  2. 他メニューよりも、時間がかかったり高額であることがある
  3. メリットだけでなくデメリットもある

縮毛矯正は、どんな強力なくせ毛であってもストレートヘアにすることができる人気のメニューです。

しかし逆に、とても便利な上にメリットもある分、反対にデメリットも大きいものになっています。

何が言いたいかというと、安易に縮毛矯正をすると失敗することになるから、する時にはデメリットなど考えた上で縮毛矯正をしてほしいということです。

POINT

約180度(髪の状態に合わせて変える)のプレートで髪を挟み、髪をプレスして動きのあるくせ毛を矯正する技術。 髪を0.5〜1㎝ほどのパネルでアイロンしていくため、かなり強力なくせ毛もキレイなストレートヘアにすることが可能になります。

しかし、反対に他のメニューに比べて、時間がかかったり、料金が高額になっているのも特徴の1つです。

それでも得られる恩恵が料金に見合っているために、根強い人気のある美容メニューの1つとなっています。

縮毛矯正の特徴
  • 料金相場は10,000〜15,000円くらい
  • 施術時間は3〜4時間程度
  • くせ毛の度合いによってはかかり具合は違う

縮毛矯正のヘアケアポイント

縮毛矯正のヘアケアポイント

縮毛矯正のヘアケアポイントについてもお伝えしていきます。

48時間はシャンプーをしない

ストレートパーマや縮毛矯正をした後、48時間以内はシャンプーを控えるようにしましょう。

施術後、美容室を出るときにはキレイなストレートヘアに固定されているように見えますが、実はまだ髪に剤(ストレートパーマ・矯正)が定着していません。

薬剤により髪の内部成分が構築されているものを再構築していますが、再構築するまでの時間が約48時間程度かかると言われています。

そのため、48時間以内にシャンプーをしてしまうと、髪にダメージを与える原因になり、くせ毛の原因である髪の凹凸のある状態にしてしまうのです。

しかし美容室によっては、48時間以内にシャンプーして良いと言われることも、48時間以上シャンプーしないでくださいと言われることもあります、それはストレートスタイルの持ちに関わることなので、極力控えるようにしましょう。

ドラッグストアの市販品・美容室のサロン専売品などさまざまなシャンプーの中から、縮毛矯正をした髪におすすめのシャンプーランキングを美容師が厳選。下記事もチェック!

濡れた髪は早めに乾かす

ストレートパーマや縮毛矯正をした髪は、お風呂などで濡れたら、できるだけ早く乾かすようにしましょう。

濡れた髪というのは、髪の表面にあるキューティクルという髪の皮のようなものが開いています。そのキューティクルの隙間から髪の水分がどんどん蒸発してしまいます、

またキューティクルが開いている状態で髪同士に摩擦が起きると、キューティクルが剥がれてしまう可能性もあります。

ストレートパーマや縮毛矯正によって傷んでいる髪に、これらの負担を与えてしまうと、せっかくのストレートヘアが、パサついたりツヤを感じられなくなったりするかもしれません。

そのため、濡れた髪はできるだけ早く乾かすように意識しましょう。

過度なブラッシングしすぎない

ストレートパーマや縮毛矯正をした後は、必要以上にブラッシングをしないようにしましょう。

施術によって傷んでいる髪には、ブラッシングによる摩擦が負担となってしまいます。

朝のスタイリングや、シャンプーの前に髪の絡まりを解くときなど、必要な時以外は手ぐしや、大きめなクシで整える程度にして、ブラッシングをしすぎないように心がけましょう。

ブラッシングを全くしないのも逆に絡まりの原因になります。適度にはブラッシングはするようにしましょう

メリットとデメリット
メリットとデメリット

縮毛矯正をするに当たり、当然ながらメリットもあればデメリットもあります。

メリットだけでなく、ある程度デメリットも理解しておかないと後で痛い目に合うことになります。

一番最初にくせ毛の方が縮毛矯正をする時は、大体の方が感動します。

それは今まで苦労してきたくせ毛がたった数時間でキレイになってくれるからです。しかし、それも慣れてしまうと、それが当たり前の感覚にもなってきます。

しかし、髪とはそんな簡単にストレートになるものではありません。

ここでは、メリットとデメリットについてお伝えしていきます。

縮毛矯正のメリット

縮毛矯正のメリット
縮毛矯正のメリット
  • くせ毛がストレートヘアになる
  • スタイリングの時間が格段に楽になる
  • 髪が伸びてくれる

メリットはほとんど、そのままの通りです。

くせ毛がキレイになったり、一度シャンプーしてもくせ毛がでなかったり、メリットはたくさんあります。

しかし、メリットはみんな理解はしているものなので、本当に知ってほしいのはデメリットの方です。

縮毛矯正のデメリット

縮毛矯正のデメリット

一見すると、メリットの方が大きいように感じますが、同じようにデメリットもあります。

縮毛矯正のデメリット

  • 髪が傷む(一番重要)
  • 矯正のかけ方を間違えるととんでもないことになる
  • パーマができなくなる(かかりづらくなる)
  • ヘアカラーもしづらくなる
  • ヘアスタイルを変えづらくなる

とくに重要になることをお話します。

髪が傷む(一番重要)

髪が傷む(一番重要)

まずは、髪がとんでもなく傷みます。これがかなり重要です。

なぜ重要かというと、ストレートヘアにしくれる分、ダメージが分かりづらいからです。

実は、人ってかなり曖昧な認識で生きているものでして、ダメージヘアが目に見えて分かったり、触って分かるものだとしたら大切に扱うものですが、

傷んでいるのにもかかわらず、キレイに見えたりすると、「あ、全然キレイ」とか「傷むとか聞いていたけどまだまだいけるじゃん」というように軽く見てしまうことが多々あります。

でもね、髪には良くない薬剤つけた上に、0.5〜1㎝ほどの幅で髪を180度ぐらいの高熱で押しつぶすものですからね。傷んでいないわけないんです。

つまり、矯正とはキレイに見せているだけで、髪の中は相当ボロボロになっているので、矯正毛ではとくに繊細に丁寧に扱う必要があるのです。

矯正のかけ方を間違えるととんでもないことになる

矯正のかけ方を間違えるととんでもないことになる

矯正も万能ではありません、1〜2度くらいなら、全然問題なくキレイになるものですが、無茶しすぎるととんでもないことになります。

1〜2度程度の縮毛矯正なら全く問題はありません、しかしそれ以上のものになると、一度でもダメージが大きいものが重なるのでハイダメージ毛となってしまいます。

例えば、キレイに見える分、中の状態はとても分かりづらくなるため、美容師も判断を見過うこともあります。

強力なくせ毛だからといって、強力な薬剤を使うと、とんでもない失敗をすることもあります。

こればかりは、美容師との意思疎通をしっかりして、できるだけ判断を間違えないようにすることをおすすめします。

パーマがでかかりづらくなる・ヘアカラーがしづらくなる

パーマがでかかりづらくなる・ヘアカラーがしづらくなる

縮毛矯正を一度すると、パーマやヘアカラーがしづらくなります。

縮毛矯正とパーマは相性が悪いのは当然ながら、ストレートとパーマが全くの正反対のスタイルをつくるからに他なりません。

とくに熱処理(アイロン操作)をしてまでもキレイにしたストレートをまたパーマヘアにするのは決して簡単ではありあせん。

加えて、ヘアカラーをするための、脱色、脱染がしづらくなります。

もっと簡単に言うと、明るくなりづらい、染まりづらくなるもデメリットとなります。

ヘアスタイルを変えづらくなる

ヘアスタイルを変えづらくなる

加えて、ヘアスタイルを変えづらくなるというデメリットもあります。

ストレートヘアにできるというのはくせ毛の方にとっては便利ですが、逆に一度ストレートヘアにすると他のヘアスタイルに変えづらくなります。

まぁパーマやカラーもしづらくなるというのは、少しつらいことがありますよね。

あとがき
あとがき

縮毛矯正の基本についてのことをまとめてみました。初めて縮毛矯正をするという方は参考にしてもらえると嬉しいです。

まとめ
  1. くせ毛をキレイなストレートヘアにすることができる
  2. 他メニューよりも、時間がかかったり高額であることがある
  3. メリットだけでなくデメリットもある

縮毛矯正は、どんな強力なくせ毛であってもストレートヘアにすることができる人気のメニューです。

しかし逆に、とても便利な上にメリットもある分、反対にデメリットも大きいものになっています。

何が言いたいかというと、安易に縮毛矯正をすると失敗することになるから、する時にはデメリットなど考えた上で縮毛矯正をしてほしいということです。

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

LaSana PREMIOR(ラサーナ プレミオール)

【ラサーナ プレミオール】美容師がおすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

最強のコスパ!ダメージヘアや頭皮を保湿・洗いながら髪をケアするアミノ酸シャンプー。

「アミノ酸系洗浄成分」とフランス・ブルターニュ産「海泥」の力でダメージの蓄積した髪をいたわりながら洗い、頭皮に詰まった皮脂汚れを吸着し取り除きます。

この記事を書いた人

kishilogの運営者。美容業界にて15年以上従事、累計500件以上の美容アイテムを使用。髪に関することが得意。、シャンプーや、トリートメントワックスヘアマスクなどのレビューもしています。詳しくは運営者情報をご覧ください。

目次