MENU

ヘアカラーの染める頻度・周期・間隔を徹底解説【美容師が教えるベストなカラーサイクルを紹】

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

お肌にとってはメラニンとは悪い要因とされることが多いですが、髪にとってはそう単純なものではありません、興味のある人はぜひ御覧ください。

さて、ヘアカラーをする人にこんな質問をいただくことが多いです。

  • ヘアカラーって、どのくらいの頻度ですべきですか?
  • 頻繁にカラーをやりすぎるのも髪のダメージになりますよね?

こういった疑問では、目的というか、どういうカラーや髪色をつくりたいのかで大きく変わってきます。

この記事の内容

ヘアカラーをする頻度・周期について

ヘアカラーをするにはさまざまな目的があります。

  • 明るくしたり、暗くするためにカラーをする
  • 白髪を染めるためにカラーをする
  • 髪色を変えるためにカラーをする

年代を問わず多くの人が行っているのがヘアカラーですが、どのくらいの頻度や周期ですべきなのでしょうか。実は、目的によっては違いますが、それぞれの最適なヘアカラーの頻度と周期があるんです。

そこで今回の記事では、美容師が教えるヘアカラーの理想頻度や周期、タイミングについてを分かりやすくお話します。

目次
スクロールできます

運営者 / 美容師

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら。主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

 

美容室・美容院でするヘアカラーの理想的な頻度やタイミングの考え方

美容室・美容院でするヘアカラーの理想的な頻度やタイミングの考え方
きし

へアカラーの頻度は目的によって異なります。ヘアカラーの最適な周期や頻度を考える前に、ヘアカラーをする目的を明確にして、何を優先すべきかをハッキリさせておくと良いです。

廣瀬

ヘアカラーをする目的は人によってさまざまです、そのためヘアカラーをする目的によって最適な頻度や周期は変わってくるので、目的についてもう一度再確認してみましょう。

美容室や美容院でのヘアカラーについて、理想的な頻度やタイミングを知っていると、より健康的で魅力的な髪を保つことができます。特に、白髪や髪の毛の根元の伸びを気にする女性にとっては、正しい情報を得ることが重要です。

一般的に、ヘアカラーの頻度は1ヶ月から3ヶ月程度が推奨されます。ただし、個人の髪質やヘアケア方法によっても異なるため、自分に合った頻度を見つけることが大切です。また、ヘアカラーをする場合、頭皮の状態にも注意が必要です。過剰な染めや頻度、カラーリングによるダメージは、健康な頭皮や髪の毛に悪影響を与えることがあります。

サロンでのヘアカラーは、自宅でのホームカラー染めと比べて長持ちします。しかし、自宅でも手軽にリタッチや部分染めができるため、自分に合った方法を選ぶことが重要です。ヘアカラーの間隔が短くなる場合、髪の毛や頭皮への影響を軽減するため、ヘアケアにも注意しましょう。特に、色落ちや抜け毛の原因となる紫外線や乾燥に対策することが必要です。

美容室や美容院では、無料のヘッドスパやトリートメントなど、ヘアカラーに合わせたケア方法を提供できるのもポイント。また、ヘアカラーの色味やトーンなど、自分に合ったカラーリングを提案してくれるため、予約前に相談してみることをおすすめします。

ポイント
  1. 色を優先させる
  2. 白髪を優先させる
  3. ケアを優先させる(髪・頭皮)
  4. どれでもない

あなたのヘアカラーをする目的にはどれが当てはまるでしょうか?実はこの4つのどれかによって、ヘアカラーをする頻度が違ってくるのです。

それでは、各事項の最適な周期と頻度を話します。

髪色を優先させる場合は「1〜2ヶ月」の周期が最適

髪色を優先させる場合は「1〜2ヶ月」の周期が最適
きし

美容室や美容院でヘアカラーをする場合、髪色を優先するためには、適切な頻度やタイミングが重要です。多くの美容師が推奨している頻度は、1〜2ヶ月です。なぜなら、この周期で染めることで、根元の白髪や伸びた部分が気にならず、全体的に綺麗な髪色をキープすることができるからです。

個人差や髪質によっては、周期が異なる場合もあります。例えば、髪の毛が乾燥している場合や、カラーリングの影響で髪が傷んでいる場合は、周期を短めにすることが必要です。逆に、髪質が健康で色落ちが少ない場合は、周期を長めにすることも可能です。

また、ヘアカラーをする際には、頭皮や髪の毛の状態を考慮して、適切なケア方法も行う必要があります。シャンプーは、髪質や色落ちの状況に合わせて選び、ヘアオイルやトリートメントなどで髪を補修し、健康的な髪にすることも重要になります。

以上のように、ヘアカラーの周期や間隔は、個人の髪質や状態に合わせて適切に調整することが重要です。髪色を優先して、適切なケア方法を行い、健康的な髪を保ちましょう。

コルテックス内部のイメージ図

ヘアカラーとは脱色と発色を行っています。そして、ヘアカラーの退色の期間には個人差はありますが、大体1ヶ月〜2ヶ月とされています。

きし

実は、色は積み重ねでキレイになるため、色が抜けきる前にカラーリングをすることによって、色はさらにキレイになっていくのです。

積重ねカラーについて、分かりやすく図解にしていきます。

グラフ化すると…

FullSizeRender 144

例えば、カラー力が「5」あるとします。1ヶ月経過するとカラーは退色するために「2」減り、2ヶ月経過すると同じく「2」減る計算ですると計「4」減るということになります、つまり2ヶ月以上経過するとヘアカラーは完全に退色するという風に考えます。ヘアカラー(1回目)をすると5、ヘアカラー(2回目)をするとこちらも5をプラスです、つまり色が積み重ねとは単純に色が残っている状態からカラー力を加えていくというような考え方です。

ヘアカラーをすることにより、ヘアカラー力はプラスされるので、色はどんどんとキレイになるということです。色をキレイにする場合の最適な周期や頻度は、1ヶ月〜2ヶ月が最適の周期となります。

白髪を優先させるのは「〜2ヶ月」までの頻度が最適

白髪を優先させるのは「〜2ヶ月」までの頻度が最適

白髪の場合は個人差がとても大きいですが、色と同じく1ヶ月〜2ヶ月ぐらいが最適な頻度となります。白髪と色の違いというのは、色が「周期」で白髪が「頻度」だということです。

髪が気になる方にとって、白髪を隠すためのヘアカラーは欠かせないものです。しかし、白髪は一度染めたとしても、短期間で再び目立ってしまうこともあります。そこで、白髪を優先させるための最適なヘアカラーの頻度についてご紹介します。

頻度は「1〜2ヶ月」が最適

白髪を優先させる場合、ヘアカラーの頻度は「1〜2ヶ月」が最適とされています。白髪は生え変わりのサイクルが速く、ヘアカラーをしても短期間で再生するため、定期的なメンテナンスが必要です。

白髪が多い場合はさらに頻繁に染める

白髪の量が多い場合は、頻度をさらに短くすることがおすすめです。白髪が目立つ部分や髪の根元など、特に目立つ部分を中心に染める「リタッチ」も効果的です。

ヘアカラーによる髪への影響を考慮し、適切なケアを行う

白髪を優先させるために頻繁にヘアカラーをすることで、髪へのダメージが心配されるかもしれません。そのため、適切なケアが必要です。ヘアカラー後は、ダメージを補修するトリートメントや、色落ちを防ぐためのヘアケア用品の使用がおすすめです。また、ヘッドスパやヘアケアメニューを取り扱っている美容院でのケアも効果的です。

白髪を優先させるためには、適切な頻度でのヘアカラーと適切なケアが欠かせません。美容院でのアドバイスや、美容関連の情報サイトなどを参考に、自分に合った頻度とケア方法を見つけてください。

MEMO

白髪を優先させる場合はリタッチでOK 一度、白髪を染めれば色によって変わりますが、3〜6ヶ月ほどは白髪がでてくることはありませんが、新しく生えてくる部分はそうはいきません。

2ヶ月もすれば生え際から、キラキラと目立ってきます。そのために、白髪は2ヶ月までが最適な頻度となります。

きし

へアカラーにおける周期と頻度の解釈は、周期はキレイさで、頻度はカバーという解釈となります。

ダメージを優先させる周期は「3ヶ月〜」

ダメージを優先させる周期は「3ヶ月〜」

髪を傷めず健康な髪を保つためには、ヘアカラーの頻度や周期を適切に設定することが重要です。ヘアカラーをすることで髪の毛にダメージが生じるため、ダメージを優先させる場合は、3ヶ月以上の周期が最適です。

ヘアカラーをすると、髪の毛には必ずと言っていいほどダメージが生じます。そのため、髪のダメージを最小限に抑えるためには、ヘアカラーをする頻度や周期を適切に設定することが重要です。ダメージを優先させる場合は、3ヶ月以上の周期を設定することをおすすめします。

また、ヘアカラーの頻度が高い場合は、髪の毛のダメージを軽減するために、ヘアケアにも注意が必要です。ヘアオイルを使って保湿したり、ヘアマスクで補修したりすることで、ダメージを軽減することができます。また、ノンシリコンシャンプーを使ったり、美容院でのケアを受けたりすることも有効です。

ヘアカラーをした髪は、1度は髪の組織を分解しているために、かなり傷んだ状態ということになります。さらにヘアカラー後は残留アルカリというものがあり、髪にダメージを蓄積してしまいます。そのためトリートメントなどの、ヘアケア・スカルプケアなどの適切なケアをする必要があります。

きし

髪は、1か月に約1cm伸びます、伸びてくるたびに染めてしまうと、色はキレイになり、白髪もカバーすることがきます。しかし、ダメージは蓄積されてしまいます。

蓄積するダメージの量を減らすための適切な頻度は3ヶ月〜となるでしょう。ヘアカラーにおける、髪のダメージは回復することができません。しかし、頭皮のダメージは回復させることができます。

注意

頭皮を図にしたものですが、1番表面にある表皮の角質層から、どんどんダメージになります

ヘアカラーによって、角質層が削れていきますが、期間によって再生していきます。頭皮を傷ませないようにするにはある程度の期間をあけることも重要になるのです。

以上から、ダメージを優先させる場合は、3ヶ月以上の周期を設定し、適切なヘアケアを行うことが大切です。ヘアカラーを続けるためには、髪の毛の健康を保ちつつ、美しい髪色を維持することが必要です。

ヘアカラーを自由に楽しむのも1つ

ヘアカラーを自由に楽しむのも1つ

どちらでもない場合は、あまり周期や頻度にしばられる必要はないでしょう。好きな時に染めたり、良いタイミングで染めたり、自由にするといった楽しみ方もヘアカラーの醍醐味の1つです。

きし

人と比べたり基準に合わせるのはナンセンスとも言えます。シンプルにヘアカラーを楽しむのも1つなのです

ヘアカラーを楽しむことは、髪型やファッションにアクセントを与え、自己表現の一つとしても重要です。頻度や周期にこだわるのではなく、自分の好きなタイミングでカラーリングを楽しむことも大切です。しかし、ヘアカラーを繰り返すことでダメージが蓄積され、髪の健康に影響を与えることもあります。そのため、ヘアカラーを自由に楽しむにあたっては、適切なヘアケアも欠かせません。

以下は、ヘアカラーを自由に楽しむためのポイントです。

髪の状態を把握する

ヘアカラー前には、髪の状態をしっかり把握しましょう。髪のダメージ具合や、過去にどの程度カラーリングをしたかを確認することで、今後のカラーリングの頻度や方法を考えることができます。

適切なヘアケアを行う

ヘアカラーを繰り返すことで、髪にダメージを与えてしまうこともあります。そのため、適切なヘアケアを行い、髪の健康を保ちましょう。ヘアオイルやヘアマスクを使った補修ケアや、シリコンフリーのシャンプーを使った洗髪などが効果的です。

リタッチカラーを取り入れる

ヘアカラーを自由に楽しむためには、髪のダメージを軽減する方法を取り入れることも大切です。リタッチカラーは、髪の根元だけを染めることで、全体のカラーリングに比べてダメージが少ないとされています。また、頻度が高いカラーリングにおいては、リタッチカラーを取り入れることで髪の健康を保ちながらカラーリングを楽しむことができます。

ヘアカラーを自由に楽しむことは、自己表現の一つとしても大切ですが、髪の健康を保ちながら楽しむことも重要です。適切なヘアケアを行い、髪のダメージを軽減しながら、自分に合ったカラーリングをしましょう。

目次に戻る

ヘアカラーをする頻度と周期が空くと髪色の染まりは悪くなる

ヘアカラーをする頻度と周期が空くと髪色の染まりは悪くなる
きし

これは、けっこう知らない人が多いことなのですが、実はヘアカラーするカラーサイクルが、空けば空くほどに、染まりが悪くなるのです。

廣瀬

逆に染める期間が短いとキレイになるということは上記にも書いておりますが、それは色の染料が濃くなるのであって、染まるのが良くなるわけではありません。

ヘアカラーをすると新しく黒髪が生えてきます。カラーサイクルが、空けば空くほど黒い髪は長くなります。では、どうして染まりが悪くなるのかを話します。

イメージ図

カラー履歴がある髪の部分があるとなじみが悪くなる

1POINT  カラー履歴がある髪の部分があるとなじみが悪くなる
きし

健康な髪というのは、丈夫なゆえにヘアカラーをする上では最も染まりが悪い髪になります。なので、この部分を増やすことが染まりが悪いとされる原因となります。

黒髪のメラニン色素を分解して色を加えていくのが、従来のヘアカラーとなりますが、カラー履歴がある髪は一度メラニン色素を分解しているために、黒髪のメラニン色素を分解するスピードとは違います。

POINT
  1. 黒髪(新しい髪)は染まりが悪い
  2. 茶髪(履歴がある髪)は染まりが良い
  3. 黒髪を増やせば増やすほど染まりが悪くなるということ

つまり、「黒髪」と「カラー履歴のある髪」ではメラニン色素を分解するスピードは違い、色の染まり具合は同じ薬剤を使用していても、同じレベルになるように処方したとしても、違う色になってしまうのです。

MEMO

どんなに空いても3ヶ月までにはカラーをすべき ヘアカラー周期を早めることで、色をキレイにすることができます。できるだけ早めの段階で染めてあげることをおすすめします。

カラー履歴がある髪の部分があると、新しく染めた髪となじみが悪くなり、自然なヘアスタイルに見えません。そんなときには、ヘアカラーの頻度と同じくらい、カラーリタッチの頻度も意識しましょう。

カラーリタッチは、カラーを染めた部分の伸びてきた根元を補正するために行われますが、時間が経つにつれ、カラーの色味が変わったり、退色したりするため、カラーリタッチのタイミングも大切です。一般的には、カラーを染めた部分の伸びてきた根元が2センチ程度になったら、カラーリタッチをすることがおすすめです。また、カラーリタッチは部分的に行うものであり、全体を染めることはありません。

全体を染める場合には、最低でも1か月以上の間隔をあけることが望ましいです。カラーリタッチをすることで、髪の色落ちが均一になり、自然な仕上がりになります。また、カラーリタッチは、頻度が高くてもダメージを抑えることができるので、髪の健康を考える上でもおすすめです。

カラーリングは美容室のサロンカラーがおすすめ

2POINT  カラーリングは美容室のサロンカラーがおすすめ
きし

今やヘアカラーは、美容室に行かなくても、ドラッグストアなどで市販ヘアカラー剤を購入して自分で染めることもできます。

廣瀬

髪と頭皮への負担をできるだけ減らすためには、ヘアカラーは美容室のサロンカラーがおすすめです。

髪の色を変えたいと思ったとき、自宅でカラーリングをすることもできますが、美容室のサロンカラーを利用することをおすすめします。自宅でのカラーリングは、上手くいかないこともあり、白髪や根元のカバーが不十分になることがあるためです。

一方、美容室のサロンカラーは、プロの美容師が施術するため、髪の状態やカラーの色味に合わせたカラーリングができます。また、美容室のサロンカラーは、特殊な成分が配合されているため、髪に与えるダメージを軽減することができます。さらに、美容室で施術した場合、カラーリング後のトリートメントも充実しており、髪のダメージを修復する効果が期待できます。

以下は、美容室のサロンカラーを利用するメリットのまとめです。

POINT
  • プロの美容師が施術するため、髪の状態やカラーの色味に合わせたカラーリングができる
  • 特殊な成分が配合されているため、髪に与えるダメージを軽減することができる
  • カラーリング後のトリートメントも充実しており、髪のダメージを修復する効果が期待できる
  • 美容室でのカラーリングは、自宅でのカラーリングよりも費用がかかるがあが、美しい髪色を手に入れるためには、それだけの価値がある染め分ける技術

美容室は専門なために、コストは高めの設定(市販のヘアカラーに比べると)ですが、髪質や仕上がりの髪色に合わせて正確に技術をしていきます。さらに市販にはない処方の使い分けで、ヘアカラーを最小限のダメージレスにすることができます

ヘアカラー前には頭皮のダメージが過剰反応しないようにカラースプレーなどもあるので安全性も高いのです。 頭皮や髪のダメージを最小限にしてくれるので、やはりヘアカラーは美容室で行うことをおすすめします。

目次に戻る

よくある質問集(Q&A)

ヘアカラーの最適な間隔はどれくらいですか?

ヘアカラーの間隔は個人の目的や髪質、スタイルによって異なります。一般的には2ヶ月〜3ヶ月ごとが多くの方にとって理想的です。ただし、色持ちを長くしたい場合や髪のダメージを抑えたい場合は、頻度を減らすことをおすすめします​ ​。

頻繁にヘアカラーをすることによる髪へのダメージを最小限に抑える方法はありますか?

髪のダメージを最小限に抑えるためには、ヘアカラーの頻度を可能な限り減らし、髪や頭皮の状態を良好に保つためのケアを行うことが大切です。特にダメージが気になる場合は、全体ではなく根元だけをリタッチする方法も有効です​ ​。

白髪を染める場合、どのような間隔が望ましいですか?

白髪染めの場合、髪の色の変化や再生周期に応じて、3〜4週間ごとにリタッチを行う方が多いです。ただし、個々の髪質や生活スタイルによって異なるため、美容師との相談が重要です​ ​。

根元が早く気になる場合、どれくらいの頻度でカラーリングすべきですか?

根元が早く気になる場合は、理想的には月1回程度のカラーリングがおすすめです。ただし、3週間ごとにリタッチすることも一つの方法として考えられます。根元に特にフォーカスしてカラーリングすることで、ダメージを減らすことができます​ ​。

染めたヘアカラーの色持ちを良くするには、どんな対策が有効ですか?

色持ちを良くするためには、選ぶカラー剤の種類が重要です。弱酸性や微アルカリ領域のカラー剤を選ぶと、髪の中に蓄積していくため比較的長い期間カラーを楽しむことができます。また、髪のダメージを抑えるケアを行うことも、色持ちを良くするために役立ちます​ ​。

ハイライトやインナーカラーのような部分的なカラーリングは、どのくらいの頻度で更新するのが適切ですか?

ハイライトやインナーカラーの場合は、全体を染めるよりも頻度を抑えることができます。通常、この種のカラーリングは2〜3ヶ月に一度程度の更新が適切とされています。これらの方法は、スタイルに変化を付けつつ、髪のダメージを軽減するのに有効です​ ​。

明るいヘアカラーを維持するためには、どのくらいの頻度で染め直す必要がありますか?

明るいヘアカラー、特にブリーチ毛や金髪の場合、根元の成長が目立ちやすいため、1ヶ月ごとのカラーリングが一般的です。しかし、理想的には2〜3ヶ月の間隔を空けることが、髪のダメージを軽減する上でベストです​ ​。

ヘアカラーの色落ちを抑えるためには、どのような工夫が有効ですか?

色落ちを抑えるためには、初めから少し暗めに染めることが効果的です。暗いヘアカラーは色落ちが遅く、色持ちが良い傾向にあります。また、髪の状態やダメージの程度に応じて、美容師に相談しながら最適なカラー剤を選ぶことが重要です​ ​。

ヘアカラーをする頻度として理想的なのはどのくらいですか?

理想的なヘアカラーの頻度は、通常4〜6週間ごとです。これは髪の健康を保ちながら、根元の伸びや色の褪色を管理するのに適した期間です。

1ヶ月ごとのヘアカラーの利点は何ですか?

1ヶ月ごとのヘアカラーは、根元の成長に合わせて色を更新できるため、常に整った外見を保つことができます。また、髪へのダメージも最小限に抑えられます。

美容師が推奨するヘアカラーの選び方は?

美容師が推奨するヘアカラーの選び方は、肌色や自然な髪色、個人のスタイルに合わせた色を選ぶことです。また、髪の状態を考慮してダメージの少ない製品を選ぶことも大切です。

頻繁なヘアカラーでの髪のダメージを最小限に抑える方法は?

頻繁なヘアカラーで髪のダメージを最小限に抑える方法は、栄養豊富なトリートメントやマスクを定期的に使用することです。また、低刺激のカラー製品の選択も重要です。

1ヶ月ごとのヘアカラーのデメリットはありますか?

1ヶ月ごとのヘアカラーのデメリットとして、頻繁なカラーリングによる髪の乾燥やダメージが挙げられます。適切なヘアケアとカラー後の管理が重要になります。

美容師が推奨するヘアカラーのメンテナンス方法は?

美容師が推奨するヘアカラーのメンテナンス方法は、カラートリートメントの使用や、UV保護スプレーの利用で色褪せを防ぐことです。また、シャンプーは色持ちを良くするタイプを選びましょう。

1ヶ月ごとのヘアカラーを続ける際の注意点は?

1ヶ月ごとのヘアカラーを続ける際の注意点としては、髪のダメージを定期的にチェックし、必要なケアを行うことです。過度なカラーリングは避け、髪の健康を優先しましょう。

ヘアカラーの選び方で最も重要なことは何ですか?

ヘアカラーの選び方で最も重要なことは、自分の肌色、自然な髪色、ライフスタイルに合った色を選ぶことです。また、髪の状態を考慮して、ダメージを最小限に抑える製品を選ぶことも重要です。

目次に戻る

あとがき

あとがき
まとめ

頻度と周期まとめ

  1. 色は1〜2ヶ月の周期
  2. 白髪2ヶ月までの頻度
  3. 好きに染めるのも良い

ヘアカラーまとめ

  1. カラーは空けば空くほどなじみが悪い
  2. サロンカラーの方が染まりが悪い
  3. 頭皮や髪もキレイ

ヘアカラーを楽しむためには、頻度と周期を守ることが大切です。髪色が長持ちするためにも、適切な頻度と周期を意識しましょう。

ヘアカラーの頻度が空くと、髪の毛が元の色に戻ってしまうことがあります。また、ヘアカラーをする頻度が短すぎると、髪にダメージを与えることになります。適切な頻度と周期を守ることで、髪色を長くキープし、健康的な髪を保つことができます。

しかし、髪の状態やライフスタイルによっては、頻度や周期が異なることもあります。ヘアカラーをする前には、美容師と相談し、適切な頻度と周期を決めるようにしましょう。

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

LaSana PREMIOR(ラサーナ プレミオール)

【ラサーナ プレミオール】美容師がおすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

最強のコスパ!ダメージヘアや頭皮を保湿・洗いながら髪をケアするアミノ酸シャンプー。

「アミノ酸系洗浄成分」とフランス・ブルターニュ産「海泥」の力でダメージの蓄積した髪をいたわりながら洗い、頭皮に詰まった皮脂汚れを吸着し取り除きます。

この記事を書いた人

kishilogの運営者。美容業界にて15年以上従事、累計500件以上の美容アイテムを使用。髪に関することが得意。、シャンプーや、トリートメントワックスヘアマスクなどのレビューもしています。詳しくは運営者情報をご覧ください。

目次